メンヘラ風俗嬢には困った

ツルツル。それが良かったのかも

ツルツルの風俗嬢でした。といっても頭皮がじゃないですよ(笑)いわゆる彼女はパイパンの風俗嬢だったんです。実際の所、パイパンの風俗嬢を生で見たのは初めてでした。処理している風俗嬢なんて今の時代には珍しくないですけど、この目でパイパンの風俗嬢を見ることになるとは思ってもいませんでした。しかも彼女、ツルツルなんです。元から生えていなかったんじゃないかってくらいツルツルなので、それだけでも驚きました。自分の勝手なイメージですけど、アンダーヘアを処理するとどうしてもジョリジョリ感が出てしまうと思うんですよ。それがある意味ではリアリティがあるというか、生々しい部分でもあるんじゃないかなって思うんですけど、彼女はツルツルだったので、天使のような股間を持つ風俗嬢だったんじゃないかなと(笑)パイパンとは思っていなかっただけに、余計興奮させられたのもあって、パイパンも悪くはないのかなって思わされたくらいです。

より楽しむために必要なのは度胸かも

お金やコミュニケーション能力以上に、風俗で楽しむためには度胸も必要なのかなって。お客と言う立場ではあっても、相手に自分のことを継げるのは当たり前として、その際にはどういったスタンスで話しかけるのが良いのかなど、自分なりにいろいろなことを考えることもまた、それなりに大切になってくるんじゃないかなって。思うんですよね。むしろそれが分かるようになると、風俗のポイントというか、どこまで女の子の懐に飛び込んで良いものなのかが見えてくる部分もあると思うんですよ。だからそのためにも度胸ですよね。断れたらどうしようとか、嫌な印象を与えてしまったらどうしようとかじゃなくて、良い意味で開き直るというか、お客何だからと言う強気な姿勢を持つこともまた、それなりに大切なことなんじゃないかなって思いますよね。むしろそれを徹底することによって、相手との適切な距離感も見えてくるようになるんじゃないかなって思うんですけどね。