メンヘラ風俗嬢には困った

伊達じゃない。素直にそう思った

彼女のビジュアルは風俗嬢としては完成されているというか、むしろ風俗嬢としてではなく、普通に考えて美人だなって思えるレベルの美人といえば、そのビジュアルの高さが分かってもらえるんじゃないかなって。そんな美人なだけに、彼女はお店のホームページでもトップページに掲載されているんです。しかもデカデカと。いわばお店の顔と言っても良いんですよね。だからこそ自分も彼女の存在が目に入ったんですけど、彼女は若くて美人なのに、奢る所がない子でしたね。むしろそれらを分かっているというか、自ら客寄せパンダになっているってことを理解しているんです。それを理解するというか、受け入れるだけでもいろんな葛藤があると思うんですけど、でも実際に花序と楽しんでみると、彼女はルックスだけを武器にした訳じゃないんですよね。むしろ彼女はテクニックの方が素晴らしいかもしれません。こうやって考えると、彼女の存在そのものがだてじゃないなって思いましたよ。

感度って何気に重要だと思う

風俗嬢を選ぶ基準は、見た目で分かる部分になりがちじゃないですか。スタイルとか顔とか。これは仕方ないと思うんですよ。だって見た目で分かる部分じゃないと判断出来ないじゃないですか。見た目で分からないぶぶんにもまた、とっても大切なことはあるんです。例えば感度。これは、自分が風俗で燃える際の必須条件でもあるんですよ。感度の良い風俗嬢を相手にすると、やっぱりこっちの気持ちは全然違うんですよ。攻めていて楽しいし、相手が感じてくるとこっちも興奮するし。その興奮が更にいろいろなものを生み出すことになるので、感度の良さはそれだけで楽しい時間を約束してくれるものになるんじゃないかなって思うんですけど、それ以上に大きな役割を担ってくれているのが、何と言っても濡れやすさですね。感度が良いだけじゃなく、濡れやすいってことは本気っぽいじゃないですか。そう思ったら、こっちの気持ちもまた、さらに加速がかかってくるんですよね。